薬剤師の年収は高いの安いの?

薬剤師になるには薬学科に行って国家資格を取得しなければなりません。

 

それは薬に関するスペシャリストになるということです。

 

専門家としての資格を持ちあわせて専門的な知識を持っている人が薬剤師です。

 

そのような専門家なので年収もかなり高いのではと思われますが、実際には驚くほど高いということはありんせん。

 

一概に薬剤師はいくらというのは明確には言い切れないところがあります。

 

勤務先によって年収は違ってくるからです。

 

相場というのは確かにありますが、勤務先の規模であったり業種によったり男女によって違ってきます。

 

過去のデータでは大体500万円ぐらいというデータがあります。

 

男女での差もあって、女性の方が100万円ぐらい少なくなっています。

 

薬剤師の年収はデータ上は上昇してはいませんが、安定していると言えるでしょう。

 

働く業種によって年収は違ってきます。

 

年収の高いのは大手の製薬会社です。

 

大手の製薬会社の場合は薬剤師の資格を活かすというよりも薬に関する専門的知識や研究するための高度の知識が必要になります。

 

修士号を持っていたり、レベルの高い研究経歴がある人に向いています。

 

製薬会社の給料ベースのなるので、かなりの高給になる場合があります。

 

調剤薬局やドラッグストアは薬剤師の需要が高く店長や管理薬剤師となれば年収も平均をかなり上回ってきます。

 

病院は年収という面では特段に高くはありませんが患者さんと直に触れ合うというやりがいが期待できます。