50代の薬剤師でも常勤に転職できる!

 

実際に50歳以上の求人はあります。

 

ただ、一般的に50歳代になると転職は難しくなります。

 

一般論で言えば、50歳代の薬剤師の転職は確かに難しいですが、ほかの職業と比べたら、薬剤師の転職の可能性は高いものがあります。

 

薬剤師に働き場所として、調剤薬局、ドラッグストア、病院、製薬会社などがあります。

 

この中で病院への転職は50歳代では難しいですが、調剤薬局、ドラッグストアにはチャンスがいっぱいあります。

 

50歳代の転職を支援するエージェントのおすすめランキングはこちらになります。

 

 

ファルマスタッフの特徴

■個別面談を丁寧に行った上で、一人一人の転職プランを提案してくれます。

■求人企業の職場を徹底的にリサーチしているので、ミスマッチがおきにくいです。

■面接に同行もしてくれて、あなたに代わって条件交渉もしてくれます。

価格 完全無料 0円
評価 評価5
備考 きめ細かな対応
ファルマスタッフの総評

■大手調剤薬局チェーンの日本調剤のグループなのでコンサルタントは薬剤業界事情に精通しています。

■薬剤師の転職市場の動向を把握していて、全国の薬剤師の求人情報の情報提供力がとても高いです。

■採用条件をまとめた文書を就業先と取り交わしてくれるので、、働き始めてからの勤務条件の違いからの問題が起きません。

 
 

薬剤師転職ドットコムの特徴

■転職希望者の第一志望の内定率が92.4%と高率になっています。

■利用者の満足度が95.8%ととても高くなっています。

■薬剤師でここの転職支援サービを利用した人が、1万人を超えています

価格 完全無料 0円
評価 評価4.5
備考 非公開求人の質が高い
薬剤師転職ドットコムの総評

■運営してるメディウェルが医療分野の求人紹介で実績が豊富なので、紹介してくれる求人が厳選されています。

■好条件や高待遇の求人案件を非公開にしているので、求人が荒れていません。

■スタッフの対応が早く、登録するとすぐに好条件の非公開求人を紹介してくれます。

 
 

リクナビ薬剤師の特徴

■人材関連ビジネスでは有名なリクルートが運営している薬剤師専門の転職サービスです。

■求人件数35,000件の日本最大級なので、紹介される可能性が高いです。

■キャリアコンサルタントは、薬剤師専門なので業界事情に通じています。

価格 完全無料 0円
評価 評価4
備考 非公開求人が多数
リクナビ薬剤師の総評

■全国に展開しているのでどこの地域でも薬剤師の求人案件があります。

■非公開求人が多数あるので登録して紹介を受けると条件の良い転職できる確率が高まります。

■リクナビ薬剤師のキャリアアドバイザーは面倒見が良く、情報収集力が高く、求人案件の情報だけでなく職場の実態情報などをよく把握しています。

 
 

薬剤師ではたらこの特徴

■人数を限定して、キャリアコンサルタントが相談にのってくれます。

■一般に公開されていない非公開求人があります。

■求人業界で10年以上の上場企業が運営しています

価格 完全無料 0円
評価 評価4
備考 キャリアアップ支援金がある
薬剤師ではたらこの総評

■薬剤師ではたらこでは転職後1年間アフターフォローをしてくれるので安心して転職できます。

■自分が働きたい病院や施設がある場合は、薬剤師ではたらこを通して逆指名できます。

■キャリアアップ支援金がもらえるので転職が決まったら、新しい職場で働く準備をするための費用に充てることができます。

 

 

 

転職に至るキャリアによっても転職の可能性は異なります。

 

病院で、たとえば、日本糖尿病療養指導士やがん薬物療法認定薬剤師などの専門薬剤師としても資格を持っているのであれば、調剤薬局でも採用に向けての高いニーズがあります。

 

調剤薬局からドラッグストアへの転職も可能性があります。

 

 

調剤薬局から調剤薬局への転職も可能性はあります。

 

求人は探せば見つけることが可能です。

 

求人があっても採用されるかという方が大きな問題です。

 

何がポイントになるかというと、薬剤師としてのプロ意識といって良いです。

 

「自分は50歳だから、できるんだ」とか、「厚遇してもらってもおかしくない」というような考えを持っているようでは採用は難しくなります。

 

「自分は年齢にこだわらず、前を見て薬剤師としての道を進んでいくんだ」というような前向きな姿勢が求められます。

 

プロですね。

 

そのような前向きな意識と、蓄えてきた知識と、豊富な経験があれば、50歳代であっても全く問題なく転職は可能です。

 

50代におすすめの転職エージェントのランキングはこちらです。

 

当サイトのオススメはリクナビ薬剤師です。

転職の可能性を高める方法!

それでは、50代の薬剤師が転職したいと考えたときにどのような方法をとったらよいでしょうか。

 

普通に転職するときに行う活動は、新聞であったり、ネットで求人情報を探して自分にあった条件の求人に応募することです。

 

50代での転職であれば、年齢制限がないものを探すわけです。

 

そして、偶然というかたまたまというか年齢制限のない求人であったり、年齢制限の上限が高くなっている求人を見つけた場合に応募するということになります。

 

このようなやり方では、応募する求人を見つけるだけで大変です。

 

応募できる求人に当たる確率がかなり低いのです。

 

このような転職活動のやり方は受身のやり方になります。

 

もう少しアグレッシブにこちらから攻めていくような転職活動をしたいものです。

 

そのような転職活動をするのに最適なのが転職エージェントを利用することです。

 

転職エージェントには多くの公開求人と非公開求人があります。

 

そして、その中に条件の合う求人を見つけ出すことが可能です。

 

50歳代の薬剤師にとっては、非公開求人に多くのチャンスがあります。

 

 

そのような求人を見つけるだけではなく、転職エージェントの人材コンサルタントと相談して可能性のありそうなところにこちらから推薦してもらうのです。

 

たとえ年齢制限がある求人でもその年齢制限は絶対的なものではありません。

 

仕事ができる薬剤師であれば、本当に高い求人ニーズがあります。

 

転職エージェントのコンサルタントであれば、どのような求人企業であると50代でも採用が可能になるかということが経験上よくわかっています。

 

過去に50歳代の転職活動に携わった経験があります。

 

50歳代の人が応募した場合に、面接ではどのような話し方をしたら良いかもわかっています。

 

 

薬剤師専門の人材コンサルタントが無料で相談に乗ってくれるので、転職エージェントへの登録をおすすめします。

 

 

50代におすすめの転職エージェントのランキングはこちらです。

 

当サイトのオススメはリクナビ薬剤師です。

50歳代でも前半か後半かによって違いがある?

薬剤師の転職で同じ50歳代でも前半か後半家によって少し状況に違いがあります。

 

50歳、51歳、52歳、53歳という50歳代の前半。

 

54歳、55歳、56歳という50歳代の中盤。

 

57歳、58歳、59歳という50歳代の後半。

 

やはり、求人の絶対数の多いのは50歳代の前半と言って良いでしょう。

 

多くの50歳代の前半の薬剤師が転職を成功させています。

 

それでは、50歳代の後半では転職は不可能かというとそのようなことは全くありません。

 

当然50歳代の中盤でも転職は可能です。

 

社会は高齢化に向かって進んでいます。

 

社会全体が高齢にシフトしている現在では、働く人の年齢もシフトしています。

 

そのように見ると、61歳、62歳、63歳、64歳、65歳といった60歳代の中盤であっても薬剤師が採用されてる例はあります。

 

ただし、50歳代以降の転職活動は自分ひとりで行うのは難しいです。

 

50歳代以降の求人を見つけるのが一人では大変だからです。

 

いくら50歳代の転職が可能といっても絶対数は少ないです。

 

また、非公開求人になっているケースも多くあります。

 

そのように考えると50歳代以降の薬剤が転職をしようと試みるのならば、転職エージェントの利用を考えてみてはいかがでしょうか。

 

収集できる求人情報の量が違うと思います。

 

その中に自分にあった求人と見つけられる可能性が高まります。

 

一度検討してみてはいかがでしょうか。

 

50代におすすめの転職エージェントのランキングはこちらです。

 

当サイトのオススメはリクナビ薬剤師です。