薬剤師の転職では経験をアピールできれば有利です!

薬剤師の転職では、求人企業に応募する人は、あなたと同じ薬剤師です。

 

みんな薬剤師の資格を持っている人です。

 

当たり前ですが資格を持っていることが前提なので、資格があるというだけでは有利にはなりません。

 

それでは、同じ資格を持っている人との差別化は何ですればいい?

 

いろいろあると思いますが、一番本質的なところでは、経験ではないでしょうか。

 

今まで勤務していたところでどのような仕事を経験してきたかということです。

 

その経験は、調剤薬局で得た経験。

 

ドラッグストアで得た経験。

 

病院で働いていた経験。

 

製薬会社で働いていた経験。

 

薬剤に関わる知識やスキルの一定水準は薬剤師という資格を保持していることでそれなりの安心感はあります。

 

その上で、業種特有の経験を積んできたかによって、特徴が異なります。

 

そして、さらにその業種でどのような立場で経験してきたか、ということもアピールポイントになります。

 

管理者薬剤師として経験してきた。

 

店長として経験してきた。

 

チームリーダーとしての経験してきた。

 

顧客との接点の最前線で経験してきた。

 

このような経験をしてきたことを上手に採用担当者に伝えられるかということです。

 

そして、これらの経験を活かして今後どのような活動をしていきたいかを明確に伝えられることが大切です。

 

経験をとおして何を得られたのか。

 

その得たものを今後どのような発展させていくかというビジョンを持つことです。

 

あなたの経験をアピールする方法

あなたが経験豊富でもどのような経験があるかを、相手にはっきりとわかりやすう伝える必要があります。

 

面接などではなしをしていれば確かにどのくらいの経験があるかは自然と伝わるものではあります。

 

それは、面接する人がかなり優秀な人の場合です。

 

短い面接の時間であなたの力見抜くにはかなり力量が必要になります。

 

ですから自然に任せるのではなく、あなたに経験から得たスキルであったり、知識であったりをわかりやすく伝えるのことが重要なのです。

 

特にキャリアを時系列に整理してあるとわかりやすくなります。

 

そのためには履歴書とは別に職務経歴書を作るのです。

 

職務経歴書は、普通はあなたが経験してきた業務を、時系列に新しい経験から古い経験に普通の履歴書と反対に記述していきます。

 

新しい仕事で生かせるのは最近やっていた仕事の経験の場合が多いからです。

 

時代の傾向にあったキャリアをアピールできるのです。

 

そして、その職務経歴書について自分をアピールできるようなトークを準備するのです。

 

このような職務経歴書の書き方は転職エージェントに指導を受けるとあなた自身も気がつかなかった自分をアピールできるキャリアに気がつくことができます。