薬剤師が病院から調剤薬局への転職する時

病院で働いている薬剤師の不満はどのようなものでしょうか。

 

一番の不満は給与への不満ではないでしょうか。

 

それでは調剤薬局の給料がとてもいいかというと、それほど大きな違いはないと言って良いかもしれません。

 

ですから、給料が不満というだけで、病院から調剤薬局への転職はあまりおすすめではありません。

 

調剤薬局では、事務的な仕事もあります。

 

そのような業務もしっかりこなしていくという気持ちを持っての転職が必要です。

 

また、調剤薬局の経営環境は厳しさを増しており、弱小の調剤薬局では今後の生き残りができるかどうかという問題があります。

 

大手のチェーン展開している調剤薬局しか生き残っていくのは難しくなってきているの現状です。

 

そのような中で、どのような調剤薬局に転職するかということは難しい選択です。

 

あなた一人で、どのような調剤薬局が今後生き残っていくかという判断は難しいかもしれません。

 

そのような時には薬剤師を専門にしている転職位エージェントに相談してみるとよいでしょう。

 

薬剤師業界に精通したプロのキャリアコンサルタントがあなたに適切なアドバイスをしてくれます。

 

そして、実際に転職するのに良い求人企業を紹介してくれます。

 

その中でも非公開求人と呼ばれる一般に公開されていない求人に好条件の求人案件があります。

 

こちらを参照してください ⇒ 転職エージェントのランキング

 

当サイトのオススメはリクナビ薬剤師です。

非公開求人で病院から調剤薬局へ転職するときに注意したいこと!

非公開求人というのは一般には公開されていない限られた人だけが応募できる求人です。

 

非公開求人に応募するには、転職エージェントに登録する必要があります。

 

病院から調剤薬局への転職をする場合に注意するのは、仕事の内容の変化と待遇面です。

 

仕事の内容では、接客意識を高める必要があります。

 

処方箋は病院で作られますので、調剤そのものはどこの薬局でもあまり変わりません。

 

その薬の使い方の説明であったり、接し方の感じ良さというのが問われます。

 

説明はわかりやすくていねいである必要があります。

 

患者さんが安心して薬を服用したり、使用できるようにしてあげることが大事です。

 

また、この薬剤師さんから説明を受けたいと言われるようになりたいものです。

 

そのような姿勢を持っていることを調剤薬局の採用担当者にきちんと伝えなければなりません。

 

 

また、待遇面での病院との違いに注意する必要があります。

 

病院と調剤薬局との給与水準の違いを知っておく必要があります。

 

しかし、実際には、調剤薬局それぞれによって給与水準は異なってきます。

 

思っている以上に調剤薬局によって違いがあるので、
勤務時間と仕事内容と給与のバランスをしっかり把握することが大事です。

 

調剤薬局は、今後も競争が激しくなっていくことが予想されます。

 

経営方針や経営状態も把握しておきたいです。

 

非公開求人だからなんでも良いというのはなく
しっかりと転職エージェントのコンサルタントから仕事の内容や待遇の変化を確認しましょう。

 

こちらを参照してください ⇒ 転職エージェントのランキング

 

当サイトのオススメはリクナビ薬剤師です。