薬剤師の需要はいつまで続くのか?

薬剤師になるのはそれほど簡単ではありません。大学でも4年生ではなく医学部と同じように6年生になっています。

 

そして国家資格を取るためには資格試験に行かなければなりません。

 

誰でも直ぐになれるという職業ではないのです。

 

このような資格を必要とする職業ですが今後の需要はどのようになっていくのでしょうか。

 

現在はとっても人手が足りない状況で待遇も良くなっていますあが、必ずしもずっとこのような状況が続くとは限りません。

 

薬剤師になれば一生もう安心ということはないでしょう。

 

社会の動きによっていろいろなことがあります。

 

一般の新卒の就職状況を見ていても売り手市場の年もあれば、就職難の時代もあります。

 

薬剤師は経済変動からの影響は受けにくいですが、影響はあります。

 

最近、薬剤師も就職が困難になるという声も聞こえてきます。

 

将来的に病院や薬局での薬剤師の求人が減るのではないかという予想がありま。

 

ドラッグストアでは当分の間薬剤師の不足は続くと思われます。

 

病院の経営が苦しくなった場合には、人員を削減するのは薬剤師である場合が多いのです。

 

先の求人を見ていても仕方がありません。

 

目の前の仕事に全力で取り組むのが一番です。