公開求人数ではない薬剤師の転職エージェントの選び方

薬剤師の転職では、転職エージェントを活用するのが現在では一般的になっています。

 

あなた一人での転職活動と、転職エージェントを活用した転職活動を比較した場合に、転職における情報の量と質が全く異なったものになります。

 

転職エージェントは薬剤師業界を専門にして転職活動を支援をしているので、情報の蓄積がとても徹底して行われています。

 

情報の質も表向きにはわからない、職場の実態というものまでを把握しています。

 

転職エージェントには、コンサルタントとして専任のスタッフがいます。

 

コンサルタントは調剤薬局や病院などの薬剤師さんの職場を訪問したりして、現場の声を実際に聞いてきています。

 

その職場の雰囲気などの肌で感じています。

 

ですから、薬剤師のあなたが転職をしようと考えるのであれば、転職エージェントを活用したほうが間違いの少ない転職結果が得られる可能性が高まります。

 

実態にあった職場を紹介してもらえるのです。

 

転職エージェントを活用するために転職エージェントを選ぶときに注意したいのが、公開求人数の多い所を選んでしまうことです。

 

公開求人数よりも非公開求人の方が条件の良い求人である場合が多いのです。

 

また、転職エージェントによって独占求人を抱えている場合もあります。

 

好条件の転職を成功させようと考えているのであれば、公開求人数の多さだけに注目するのではなく、非公開求人数や独占求人の数に目を向ける方が良いです。

 

こちらを参照してください ⇒ 転職エージェントのランキング

 

非公開求人の良いところ

非公開求人の良いところはどのような点だと思いますか?

 

一番には非公開求人に良い条件や高待遇の求人案件が多くあることです。

 

これらの条件が良かったり待遇が良かったりする求人案件では、応募者が殺到するj可能性が高いです。

 

募集を掛ける方もあまり応募が多数であると、採用の負荷が大きくくなってしまいます。

 

また、望むような人材ではない人も多数応募してきてしまいます。

 

そのため、好条件、高待遇の求人案件は非公開になる可能性が高いのです。

 

求める人材を転職エージェントに登録している人から選ぶことによって、高い水準の応募者に絞った採用をしようとします。

 

また、応募する側から見ると、募集人数が絞られているので、競争倍率が低くなります。

 

転職エージェントから紹介される人が限定されているので、多くの競争者と気をう必要がなくなります。

 

さらに転職エージェントは登録者の希望やスキルを確認していて、その登録者にあった求人案件を選んでくれるのです。

 

非公開求人はあなたに合った求人である可能性が高いのです。

 

このように非公開求人には多くのメリットがあります。

 

こちらを参照してください ⇒ 転職エージェントのランキング