薬剤師転職サービスを受ける際に注意すること!

転職支援サービスを受けるのは多くのメリットがありますが、完璧なサービスではないので注意するところがあります。

 

登録する転職支援サービス会社の数に注意する

 

登録する転職支援サービス会社数は多すぎても少なすぎてもよくありません。

 

最適なのは、2〜3社です。

 

多くの応募先を紹介して欲しいということで、数多くの転職支援サービス会社に登録するのも問題です。

 

登録すると必ず転職支援サービス会社から連絡が来ます。

 

5社ぐらい登録すると担当者が5人つくことになります。

 

それだけの担当者とコミュニケーションをとることがとても大変です。

 

仕事を持ちながら転職活動をする場合には特に大変です。

 

面談してあなたの要望等を聞いてもらうだけの時間を取れなくなってしまいます。

 

また、大手の転職支援サービスならまだ良いかもしれませんが、中小のサービス会社では紹介が受けられる求人企業が同じになってしまいます。

 

また、1社だけではほかとの比較ができないので、ここが紹介してくれる企業が本当に良いのか、コンサルタントのレベルがこれが標準的なのか疑問に感じてしまう場合があります。

 

そのような疑問を感じると転職活動に集中できなくなってしまいます。

 

比較しながら提供される転職支援サービスを信用して活動していくためにも2〜3社の転職支援サービスに登録するのが転職活動を進める上ではいちば良いです。

 

転職支援サービス会社のコンサルタントに頼りすぎない

 

転職支援サービス会社に登録するとあなたに担当者がついてあなたをサポートしてくれます。

 

ただ、その時にあまりに担当コンサルタントの言っていることを信じすぎないようにしましょう。

 

転職支援サービスが無料なのは、採用が決まった時に求人先から成功報酬をもらえるからです。

 

そのため必ずしも登録者の意にそう所だけではないところを紹介する場合もあります。

 

そのような転職支援サービス会社はほとんどないですが、そのようなケースもあることを考えて複数の転職支援サービス会社に登録しましょう。

 

複数のコンサルタントからアドバイスをもらうのは、違った視点からのアドバイスももらえるので心強く感じられます。

 

こちらを参照してください ⇒ 転職エージェントのランキング