薬剤師の転職コンサルタントは本当に役に立つのでしょうか

そんな疑問を持つ薬剤師も多くいるのではないでしょうか。

 

転職エージェントに登録すると、転職コンサルタントが登録者一人ひとりに担当者としてつくのが一般的です。

 

実際に転職エージェントを利用した人によって転職コンサルタントに対する評価が異なっています。

 

「とっても役に立って本当に助かった」という人もいれば、「感じも良くなかったし、あのようなサービスだったら必要なかった」という人もいます。

 

転職コンサルタントにもよりますし、登録者の相性ということもあります。

 

もしかしたら登録者が上手にコンサルタントを使えていないのかもしれませんね。

 

そこで、どのように転職コンサルタント接したらよいかをお話します。

 

そもそも転職コンサルタントってなんなの?

 

ここからしっかり抑えておきましょう。

 

薬剤師の転職エージェントでは、登録すると登録者一人ひとりに転職コンサルタントが担当者になります。

 

その担当者が中心となって転職活動を支援してくれます。

 

キャリアコンサルタントとか転職コーディネータとかキャリアアドバイザーというような呼び方もサービス会社によってちがいます。

 

転職エージェントによっていろいろな呼び方があります。

 

転職エージェントに登録すると、エージェントのコンサルタントから電話連絡があります。

 

基本的に面談で登録者の転職の希望などのヒアリングをしてくれます。

 

できれば電話だけで済ますより面談したほうが、より密度の濃い支援サービスが期待できます。

 

できるだけコンサルタントには直接会うようにしましょう。

 

コンサルタントが提供してくれるサービスを紹介しますね。

 

 

面談によるヒアリング

 

最初にあなたの転職に関する希望を聞いてくれます。

 

給料や、勤務場所や勤務時間。どのような仕事をしたいのか。業種はどのような業種。

 

この時にははっきりと自分の希望を伝えることが大事です。

 

遠慮とかしないでいいです。

 

職場の雰囲気に関する希望があったらそれも伝えておきましょう。

 

たとえば、女性の多い職場を希望するとか、年齢的に若い人が多い職場がいいとか。

 

そして、今後の自分の薬剤師としてのキャリアアップについても希望を伝えておきましょう。

 

 

求人の紹介

 

あなたにたいするヒアリングに基づいて、あなたの希望にそうような求人を紹介てくれます。

 

公開されいる求人だけでなく、非公開の求人の中からもあなたが望んでいてかつ採用される可能性の高い求人です。

 

もちろん、自分の意にそう求人だけを選択して構いません。

 

いくつかピックアップした求人について、面接の場を作ってくれます。

 

 

提出資料作成のアドバイス

 

求人に対しては、履歴書や職務経歴書を提出する必要があります。

 

転職は何回もするものではないので、このような書類の効果的な書き方をほとんどの人は知りません。

 

特に志望動機や経験をどのように書いたらよいかが難しいと感じていませんか。

 

履歴書や職務経歴書の書き方についての指導をしてくれます。

 

 

面接のアドバイス

 

求人対しての採用に関しての一番のポイントは、面接です。

 

面接はとても緊張するものです。

 

自分をアピールするというのは日常ではあまりないのでどこまでアピールしていいのか迷いますよね。

 

面接できていく服装から、姿勢や態度といったもの、アピールポイント、質問の仕方など面接の受け方について指導してくれます。

 

また、面接に同席してくれるコンサルタントもいます。

 

一人だと心細いというような場合は、同席を依頼してみましょう。

 

 

条件交渉

 

給料や勤務時間等についての条件を先方と交渉するのは、採用にも影響しそうで交渉しづらいものです。

 

そのような交渉もコンサルタントがやってくれます。

 

これによってかなり満足のいく条件での転職の可能性が高まります。

 

 

薬剤師としてのキャリアの相談

 

コンサルタントは業界にも通じていますし、薬剤師の業務にも通じています。

 

多くの薬剤師に関わってきています。

 

今後自分がどのような分野で薬剤師として活躍していきたいのか、どのくらいの収入を得られるようになりたいのか、色々と相談にものってもらえます。

 

こちらを参照してください ⇒ 転職エージェントのランキング