薬剤師が転職するにあたって初めにやるべきこと

薬剤師さんが転職を考え始めるときにはいろいろな理由があると思います。

 

ただ、その時に「上司が嫌だ」「職場あいつが嫌いだ」「この立地が嫌い」「転勤が嫌だ」といったようなネガティブな理由で転職を考え始める場合が多いかと思います。

 

確かに、ネガティブな理由から抜け出したいというのは転職理由としては多いですが、そのようなネガティブな感情だけから転職するとあまり良い転職結果が得られないケースが多くあります。

 

そこで、ネガティブな理由だけではなく、前向きな理由を見つけ出すようにしや方が良いです。

 

前にあげたネガティブな問題点を解決するためには、どのような転職をしたらよいかをきちんと考える必要があります。

 

なぜ転職したいかということを自分の中でしっちりと確認することが大切です。

 

そして、転職した結果として何を獲得するかを明らかにすることです。

 

ここが明確になっていないと転職がうまくいったのかうまくいかなかったのかがはっきりしません。

 

転職ができたとしてもなんか釈然としないものが残ってしまう場合があります。

 

そのような結果にならないようにしたいものです。

 

「収入のアップ」「納得のいく勤務時間」「満足いくポジション」などなど。

 

もうひとつ大事なのは、目の前のことだけでなく、近未来のについての自分の姿のイメージを作っておくことです。

 

転職にあたっては、どうしても目先のことにとらわれがちになってしまいます。

 

1年後、3年後、5年後くらいのありたい姿のイメージを作っておくと転職活動にも広がりも出ますし、余裕も生まれてきます。

 

自分の薬剤師としての生き方をこの機会にきちんと考えてみませんか。

 

50代におすすめの転職エージェントのランキングはこちらです。