製薬メーカーで働く薬剤師への転職を考える

薬剤師が働く職場として、調剤薬局やドラッグストアのように患者さんに調剤して薬を提供するという仕事ではない職場があります。

 

それが新薬の開発を行う製薬メーカーでの仕事です。

 

企業薬剤師という言い方もされ、とても専門性の高い仕事です。

 

新薬の開発では、大きな金額の研究費をかけて10年近く年月をかけて医薬品の認証を得るようになるのが一般的です。

 

新薬の開発競争は、国内にとどまらず、各国の製薬メーカーと熾烈な開発競争が繰り広げられています。

 

そのため海外出張や海外転勤する場合もあります。

 

世界を相手にグローバルに仕事をしたいという人にとっては、とても魅力のある職場と言えます。

 

薬の開発では、新薬の効果を検証していく必要があります。

 

それを行うのが治験コーディネーターと呼ばれる職業です。

 

治験コーディネーターを務めるのが薬剤師です。

 

新薬を治験するには、病院に協力をお願いします。

 

病院の患者さんに被験者になってもらい、新薬の効果や投与の方法のデータ収集を行います。

 

患者さんのサポートを製薬会社、病院の協力を得ながら進めていくのが治験コーディネーターです。

 

そして、治験データを回収・分析して新薬の申請を進めるのが、治験モニターになります。

 

治験モニターになるのも薬剤師です。

 

製薬メーカーの仕事としては、その他に病院からの薬を使用した結果の情報収集や、投与のための情報提供する業務もあります。

 

こちらを参照してください ⇒ 転職エージェントのランキング

 

製薬メーカへの転職は難しいか

製薬メーカーへの転職は薬剤師としては、難易度が高いといって間違いはないでしょう。

 

もともとメーカでは、基本的に新卒採用を原則としています。

 

調剤薬局やドラッグストアからで医薬メーカーへの転職するには、基本的な業務が違うのでなかなか簡単ではないです。

 

病院からでも製薬メーカーへの転職は難しいです。

 

新薬の開発ということでいうと、調剤であったり、患者さんとの接点での仕事ではなくリサーチであったり、実験であったりということでかなり職務内容が違ってきます。

 

ただ、調剤をやりながらも薬の基礎について勉強を続けていたりすれば可能性が全くないわけではありません。

 

特に薬剤師を使用するという視点を身につけた上で、薬の開発を行うということができれば面白い展開があるかもしれません。

 

そのような可能性については、自分で考えていても道は簡単には開けないでしょう。

 

薬剤師の転職の専門家に相談してみるとよいでしょう。

 

転職を専門に扱っているコンサルタントの中でも薬剤師を専門にしているコンサルタントに相談しなければ、適切なアドバイスは得られないので中しましょう。

 

 

こちらを参照してください ⇒ 転職エージェントのランキング