定年後でも復職しやすい薬剤師

定年後でも復職しやすい薬剤師

 

定年後となると、一般的には就職が困難になったり、就職がしにくかったり、職種が限定しているような事情があるようです。

 

しかし、近年では、薬剤師の方は定年後でも就職しやすいような事情があるようです。

 

その背景としては、近年の薬剤師が不足気味なことが考えられます。

 

薬剤師は、近年では大学で6年間勉強をしないと国家資格の試験をすることもできなくなってしまいました。

 

そのため、昔に比べるとなり手が少し減ってきたというような事情があったりするのです。

 

また、近年ではドラックストアのような販売店が増えています。

 

そういったところに薬剤師を置いていないと薬の販売ができなかったりするようなことがありますので薬剤師の需要は伸びています。

 

そのようなところでは、定年後にちょっと時間が空いているような薬剤師の方がいると、雇う側としてはかなり高待遇で雇いたいというようなことになるのです。

 

あなたの考える高待遇というのはどんな待遇ですか?

 

給料は?勤務時間は?ポジションは?

 

そういった需要を満たすために、今後は定年した人であっても、フルタイムでなくてもちょっとした時間お店にいて働くというようなスタイルなど様々な形態を用意される可能性があります。

 

このようなことから、薬剤師の定年後というのがあっても、簡単に復職ができる可能性が高くなっているのです。

 

時代は変わってきています。

 

一般の会社でも定年年齢が引き上がってきています。

 

ちょっと前までは55歳で定年という時代でした。

 

それが60歳定年になり、最近では65歳まで働くのはごく当たり前になってきました。

 

年金の受給年齢が引き上がっていることもありますし、平均寿命が伸びてきてていることもあります。

 

元気で働いている自分の姿を想像してみてください。

 

このようなことから見ると、定年年齢もかなり高くなって不思議ではありません。

 

 

【追伸】

 

定年後の仕事を探すのは一人ではなくて、プロの力を借りるとずっとうまくいきますよ。

 

当サイトのオススメはリクナビ薬剤師です。

 

 

 転職エージェントのランキングはこちら

定年後も働くということ

薬剤師さんは、国家資格を持っているので他の職種の人よりも転職のシチュエーションではかなり有利です。

 

資格を持っているあなただけが、面接に臨めるのです。

 

そして、今、高齢化社会を迎えて医療に関わる仕事のニーズが非常に大きくなっています。

 

そのような状況を背景にして、定年を迎えた方でも薬剤師の国家資格を所持している人に対する社会的ニーズは大きくなっています。

 

今の時代60歳ぐらいでは、全く仕事をするには問題ない若さがあります。

 

テレビに出ているタレントや歌手の方でも80歳近くなっていても活躍している人が結構います。

 

黒柳徹子さんや加山雄三さんなんかもそうです。

 

彼らには定年なんていう意識は全くないでしょう。

 

そのような大スターではなくても薬剤師さんには国家資格という強い武器があります。

 

この武器を生かさない手はないです。

 

定年後、テレビを見たりして無駄に過ごしたり、趣味だけに生きるのは少し虚しさを感じるのではないでしょうか。

 

せっかくの国家資格と知識と経験がもったいないです。

 

ここは、ぜひ定年後も薬剤師として活躍して、生涯現役を目指しませんか。

 

 

【追伸】

 

あなたが薬剤師として、生涯現役を目指すのであれば、転職エージェントに登録することがおすすめです。

 

転職エージェントでは、薬剤師の求人案件を数多く保持しています。

 

その中には、定年を迎えた人の再就職先としてふさわしい案件も抱えています。

 

当サイトのオススメはリクナビ薬剤師です。

 

 

 転職エージェントのランキングはこちら