薬剤師の資格が保健所では活かせない?

薬剤師の資格を持っている人の勤め先はとても幅が広いです。

 

調剤薬局をはじめ病院などの医療関係に勤めている人もいます。

 

ドラッグストアに勤めている人もいます。

 

製薬会社に勤めている人もいます。

 

公務員になって保健所に勤めている人もいます。

 

薬剤に関わる仕事は幅広く、その知識を使って販売をメインにする仕事であったり、研究の仕事であったり、アドバイスが中心になる仕事などさまざまな仕事があります。

 

そのような仕事の中で、資格を活かせるものもあれば、活かせない仕事があります。

 

公務員になって保健所に努めている場合には、食品衛生が中心であまり資格が活かせていない仕事の一つです。

 

あなたはどうでしょうか?

 

自分のやっている仕事に十分に資格が活かせていると感じていますか?

 

なんとなく、せっかくとった資格が活かせていないと「このままこの仕事続けていって良いか」と迷いが生じるものです。

 

この迷っている状態というのは、現在行っている仕事に対する集中力もそがれてしまい、あまり良い状況でありません。

 

できるだけ早く、気持ちをスッキリと決めて仕事に集中したいものです。

 

その時に、今やっている仕事以外に関しての実態情報がわかると迷いを減らすことができます。

 

そんな実態情報を知ることが出来るのが、転職エージェントです。

 

転職エージェントに相談することによって新たな道が開けるかもしれません。

 

絶対、転職しなければいけないわけではありません。

 

自分の気持ちを確かにした上で、転職するもよし、転職しないもよしです。

 

こちらを参照してください ⇒ 転職エージェントのランキング

 

 

あなたにはキャリアプランがありますか?

自分の将来をどのようにしていくかを明確にしている人は、案外少ないようです。

 

多くの人が自分はこのようになりたいと思っていそうですが、実際のところ明確に自分の将来を設計してそこに向かって努力を積み重ねている人は珍しい存在です。

 

薬剤師の場合もそうです。

 

自分は、どのような分野でどのような薬剤師になっていくのか、道筋を描けていないようです。

 

現状の仕事に追われていて、なかなか将来のことまで頭が回らないのが現実かもしれません。

 

どのようなキャリアを積むかというよりも、できるだけ良い条件の職場で働きたいという人も多いかもしれません。

 

それが間違っているわけではありません。

 

ただ、今の努力しているのが何処に向かっているのかがわかっていたほうがやりがいも生まれてくるのでないでしょうか。

 

このキャリアプランの発想は大事なのですが、自分一人で考えようとするとなかなか難しいものです。

 

相談に乗ってくれる先輩とか、同僚がいて、真剣にあなたのことを考えてくれるようであれば最高です。

 

なかなかそのような環境にいるというのも難しいです。

 

そんな時に相談できるのが、転職エージェントのキャリアコンサルタントです。

 

転職の可能性を測りながら、キャリアプランを考えてみるのも現状の自分の力をわかり、今後を考えるきっかけになります。

 

こちらを参照してください ⇒ 転職エージェントのランキング