薬剤師の役割と雇用状況

薬剤師は、社会の中で、とても大きな役割を持った大切な仕事ですし、私たちの健康に関わる業務ですので責任も大きいですよね。

 

薬剤師の役割ってなんだと思いますか?社会の中でどのように評価されているのでしょうか?ざっくりといって人の健康に関わる仕事と言っていいいです。

 

薬剤師は病院で処方箋を提供するとか、調剤薬局で患者さんに薬を渡したりします。

 

最近ではドラッグストアで調剤するケースも増えてきました。

 

そして、大事なのは処方箋に従って調剤して販売するだけでなく患者さんに「具合はどうですか?」「薬きいてますか?」というように声をかけして患者さんを励ます役割もになっています。

 

専門的な知識をもとにして薬の飲み方を説明したり、アドバイスをします。

 

薬の飲み合わせであったり、副作用について患者さんが安心して薬を服用できるように相談にのってあげます。

 

患者さんから見ると頼りになる存在になる必要があります。

 

薬剤師になろうと考えている人は新卒で薬剤師になる人もいれば転職して薬剤師になる人もいます。

 

薬剤師の業界は今後は伸びていくのでしょうか。

 

不況が続いていますが薬剤師の求人は伸びています。

 

医薬の研究は日々進んでいますし、薬剤師の求人は継続的に増加しています。

 

どちらかといえば薬剤師は不足していると言えます。

 

それだけでなく薬剤師の待遇はほかの仕事よりも高待遇と言って良いでしょう。

高待遇の薬剤師は薬剤師バブル?

薬剤師は高待遇か?

 

そんな疑問を感じていませんか?

 

確かに現在は良い待遇であることは間違いありません。

 

しかし、ずーっとそれが続くかは分かりません。

 

社会の流れとか世の中の変化でどのようになるかはわからないのは当たり前です。

 

ただ、将来性があるかないかによってその仕事に就こうといする人のモチベーションは変わってくるでしょう。

 

薬剤師の求人の現状はどうかというと薬剤師の求人は増加傾向にあるのは間違いありません。

 

薬剤師の方で転職しようと考えている人にとっては、売り手市場でと言って良いでしょう。

 

それだけ薬剤師の手が足りていないのです。

 

特に大手のドラッグストアでは、薬剤師になりたての新卒を採用としようとしました。

 

優秀な人材を採用するためには良い待遇にしないと人を集められません。

 

新卒で500万円を超えるような条件もありました。

 

アルバイトでも時給4,000円を超えるなど。

 

これだけの好条件であれば、薬剤師に転職しようとか薬剤師を目指そうという人も増えておかしくありません。
薬剤師の慢性的な不足が好条件をつくりだしているのです。

 

薬剤師バブル?と言えるかもしれませんね。

薬剤師は不足しているというのは本当か?

そうです。

 

薬剤師は不足しているのは事実です。

 

その原因の一つが薬学部が6年制になったため新卒が大幅に減ってしまった時期が生じたことです。

 

それは2010年から2011年にの卒業生が基本的にいなくなったことが挙げられます。

 

制度が変わったことでこの2年間は新卒の薬剤師がいなくなってしまったのです。

 

薬剤師の業界では2年間特に薬剤師が不足して、人材難に陥ってしまいました。

 

調剤薬局、病院、ドラッグストア、製薬メーカーなど業界全体の人材不足が起きました。

 

需要と供給の関係から薬剤師の待遇が良いのは明らかです。

 

現在も引き続き人材不足は続いているので、就職の機会は多くあります。

 

これは薬剤師全体に言えるので、転職するにも好条件の案件が揃っています。

 

まさに売り手市場と言える状況が続いています。

 

この状況はしばらくは続いていくでしょう。

 

特にドラッグストアは規模も大きく全国展開しているチェーン店もあります。

 

大手のドラッグストアは、正社員はもちろんことパートやアルバイトでも好条件で募集を行っています。

 

パート時給換算の方が正社員の給料を上回る場合すらあるようです。

 

大手のドラッグストアは全国に展開しているので薬剤師は全国どこでも仕事ができます。

 

夫の転勤であっても転勤先での転職も簡単にできます。