管理薬剤師としての転職を考える!

管理薬剤師としての転職を考えている薬剤師さんも多いでしょう。

 

あなたもその一人ではないでしょうか。

 

管理薬剤師としての転職する場合には、その条件面は企業や店舗によって異なってきます。

 

管理薬剤師は、管理と付いているように薬剤師の管理職と考えて良いので、年収は一般の薬剤師よりは高くなるのが普通です。

 

年収アップを目指して転職を検討しているのであれば、管理薬剤師にチャレンジするのはひとつの道です。

 

どのような人が管理薬剤師として求められているかというと、次のような点が挙げられます。

 

・経験としては3年以上
・薬事法について知識を身につけている
・医療事務についての知識を身につけている
・薬局を運営していくためのマネジメント力がある

 

薬局の責任者としての管理できる能力が望まれています。

 

ガイドラインでは、次のように記されています。

 

「薬局の管理者はガイドラインに従って薬局業務の適正な運営に努めると共に、保健衛生上支障が生ずる恐れがないように、その薬局に勤務する薬剤師その他の従事者を監督し、その他薬局の業務につき、必要な注意をしなければならない」
「薬局の管理者は、前項の管理者の義務を遂行するために必要と認める時は、開設者に改善を要求しなければならない」

 

このようなガイドラインに沿った業務をするので、かなり責任が重い仕事になります。

 

「自分を高めていこう」、「難しい仕事に挑戦していこう」という薬剤師さんにとっては、やりがいのあるポジションと言えます。

 

薬剤師としての一般的な業務をこなしながら、管理業務を行っていくのでハードですが、それに見合った年収をもらえる可能性が高いです。

 

こちらを参照してください ⇒ 転職エージェントのランキング

 

管理薬剤師の転職の留意点!

管理薬剤師が転職する場合に留意する点を少し考えてみましょう。

 

管理薬剤師は転職した時に新しい職場での管理を期待されています。

 

ほかのメンバーのリーダーとなり、手本見せながらその職場をリードしていく必要があります。

 

他のメンバーに教わりながら後についていくというような受身であっては、その職を全うできません。

 

明確なリーダーシップが求められます。

 

しかし、転職した初めから自分のやり方を押し通すというのも考えものです。

 

新しい職場にはその職場のやり方であったり考え方というものがあります。

 

あまり強引に自分のやり方を押し通そうとすると、現場からは受けいられないことになります。

 

調和とかバランスが重要なのです。

 

はじめの3ヶ月程度は、新しい職場の状況を把握しながら自分なりに問題点を見きわていくのが良いでしょう。

 

外から来ると問題というのもはっきり見えてきます。

 

その見えてきた問題がどのような原因で生まれているのか見極めてから改善に着手するのが良いでしょう。

 

目に付いたからといって、すぐに手を打とうとするその現場には現場の事情が隠れていて、それを見逃してしまうことになります。

 

現場からも反発を受けかねません。

 

新しい職場に馴染むまでは、手を打つのを我慢してある程度確信を持てるまで現場に馴染んでから改善や改革を行うようにしましょう。

 

上司からも早くの改善を求められるかもしれませんが、あまり手柄を急ぐようなことはしない方が良いです。

 

こちらを参照してください ⇒ 転職エージェントのランキング